立ち止まるのはもう止めるぞ〜的な件

立ち止まるのはもう止めるぞ〜的な件イメージ

もうだいぶ前になりますが、
日本の男性の平均寿命が
ついに80歳を越えたというニュースを
たまたま夕飯時に点いていた
テレビを見ていて知りました。

まあ、普通にしていても、
80年は生きることができる
時代だということなんですが、
あなたはこの年月を長いと見ますか?
それとも短いと感じるでしょうか。

私はあらためて、たった80年しか
生きられないのかと思い、
かなり焦りのようなものを
感じました。

人間の人生なんてあっという間です。

私の場合、この前まで、
小学生だったような気がしているのに、
実際のところは、仮に80年生きるとして、
すでに折り返し地点を楽勝で、
越えてしまっています。

子どもの頃は、
ほぼ永遠に感じられた時間が、
今ではスゴい勢いで
通り過ぎていってるような気がします。

あなたは、この一度きりの人生、
自分の好きなように生きてきましたか?

やってみたいことをやって、
行きたいところに行って、
会いたい人に会い、
言いたいことを言う。

もし、好きなように
生きていないのであれば、
好きなように生きることのできる
環境を早急に創り出してください。

人生にはリハーサルはありません。

おぎゃあと生まれ落ちたときから、
本番一発勝負が始まっているのです。

私は30代後半までは、そういった
人生のタイムリミットに対する
焦燥感を常に感じながら生きていたので、
何かやりたいことがあると、
とにかく決断して実行してみる
スタンスをとっていました。

それが、40代に入り、
ある時、決断と実行を
なんだかんだ言い訳をつけて、
先送りにするようになった自分を
発見して愕然としました。

自分自身では色々活発に動いている
ような気になっていたのですが、
遅効性の睡眠薬のような日常に
徐々に冒されていたのを、
気付かなかったのです。

あなたもあれこれ理由をつけて、
人生を賭けてやるべきことを
先送りにしていないでしょうか?

私は、最低でも100歳までは
生きるつもりでいますが、
それでも、短い人生に
変わりはないというのに、
知らず知らずのうちに
居眠りしているような
状態になっていました。

でも、ある時、幸運にも
ふと目覚めることができ、
人生の弾み車をグルンと
まわす事を決断し、そして
実行することができました。

これからの人生を有意義にする
チャンスが訪れたと思える出来事に
久々に遭うことができて、
そのチャンスに賭けて
みることにしたのです。

今はまだぎこちなく、回転もゆっくり
かもしれませんが、確実に回っている
という実感はあります。

もう後ろを振り向いてはいけないし、
立ち止まっている暇もありません。

ただひたすら、前を向いて、
走り続けよう。

休むことは、死んだ後で
いくらでもできるのだから。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です