ハンパない努力でしか成功はなし得ないのだの件

img147

あなたは何かを、人に自慢出来るほどの
レベルまでやり続けたことがありますか?

仕事や趣味、スポーツ、習い事など
何でもいいのですが、
途中で何度も挫折しそうになりながらも、
気が付けば「ああ、ここまで来れたんだ」と、
自分を褒めてあげたいレベルに到達した経験。

何かひとつでも、そんな経験を
持っている人って強いですよね。
その分野において、そこまで到達した人でないと
見ることの出来ない世界を知っている。

そして、そこに到るまでの道のりが
どんなであったかを体感しているので、
次に何か新しいことに挑戦する場合にでも、
その経験を生かすことにより、
目標の達成率を高めることが出来ます。

人間は常にトライ&エラーを繰り返し、
小さな失敗と成功を無数に経験し、
そのデーターが脳細胞に蓄積されて
より複雑な動作や思考が出来るようになって
いくのだと思いますが、
そういった、小さな失敗や成功の積み重ねが
何か大きなことを成し遂げるためには大切で、
それをやり続ける努力こそが、成し遂げる者の
一番の素養なのではないかと思います。

ある脳科学者が、天才とは、
人の10倍努力できる人のことであると、
何かの動画で言っていたのが
印象に残っているのですが、
まったくその通りだなって思います。

一般的には、天才って、何の努力もせずに、
あっという間に、物事を極める人って
イメージなんですけど、実はそうではなく、
尋常じゃなく1つのことに集中出来る
人のことを言うんでしょうね。

私はデザインの仕事や、趣味関係でも
そうなんですけど、周囲からは
「あっという間に上手くなったね」とか、
「才能あるんじゃない?」とか、
よく言われます。でも、なんで、
そんな風に見られるのか正直ナゾです。

このお利口そうなルックスが
なせる技なのかもしれませんが・・・(笑)

昔の人間なんで、カッコわるいとか思って、
一生懸命なところを見せなかったりするので、
陰で私が不器用に同じことを繰り返しては
失敗してバタバタしているのを
見ていないからなのかもしれません。

私自身は人3倍努力しないと、
人並みになれないと昔から思っていて、
何をやるにしても、とにかくしつこく、
バカみたいにやり続けることを信条として、
仕事も趣味もそれなりの成果を出してこれたと
自負しているのですが、それでも全然
上には上がいて、やっぱり成果を出している人って
凄いですよ、やってる努力が桁違いですね。

いま修行中のウインドサーフィンに
師匠と呼べる人がいるんですが、
歳はすでに60歳なのに、
未だに北陸ではキングですね。
私は論外だとしても、ほかの上手い人たちでも、
誰もまだ彼を越えることができません。

ライディングを見ていても
ひしひしと伝わってくるのですが、
あの人は、人10倍の努力をマジで
やっているかもしれません。

筋トレや健康管理もしっかりやっていて、
60歳とは思えないような、
ターミネータのような身体をしています。

ホント、尊敬します。

そして彼は、私などまだまだ到達し得ない
高みの世界を見ているのだと思います。

私もその高みを見てみたい。
いつの日か必ず・・・

(写真はそのKINGです。写真提供:ネームレス)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です