忙しさの中身が問題ですよね〜な件

あなたは日々、忙しさに
追われていますよね。

例えば会社勤めの方だと、
本来の業務を遂行することはもちろん、
上司に雑用を頼まれたり、
来客の対応をしたり、
今度の会議用の資料作りや、
お茶出し仕事など、
今やらなければいけない仕事が
目の前にぶら下がっていて、
それをこなすだけで、1日終わってしまう
といったことが、毎日繰り返されて
いるのではないかと思います。

兼業主婦の方だと、
それに家事も重なって
さらに大変なことに
なっているのではないでしょうか。

もし、あなたが、人生に何か
大きな目的を掲げていて、
その実現に向かって成果を出そうと
思っているとしたら、
そんな、日々の目の前の仕事に
忙殺されている状況はとても危機的な
状況といえると思います。

本来なら、人生の目的を達成するための
行動を一番に行わなければいけないのに、
目先の行動にさえぎられて、
何もできずに日々を過ごしてしまいます。

私もまさにそんな感じでした。

仕事以外にも、家の雑用なんかも
ちょこちょこと出てきて、
気がつけばもう1日が終わろうとしている。

で、本当にやらなければいけない行動に対して、
「まあ、今日やらなくてもいっか」などと
言い訳をして、それが毎日度重なって、
結局、いつまでも何もしないから、
夢の実現など、ただの絵空事と
なってしまうんですよね。

人が日々行う活動には、大きく分けて
「緊急事項」と「重要事項」の
2つがあるそうです。

「緊急事項」とは文字通り、
今すぐに対応しなければならない活動のことで、
「重要事項」とは、その人の人生において、
とても重要なことがらに対しておこす行動の
ことらしいのですが、
1日の行動のなかで「緊急事項」に
該当する行動がじつに全体の90%を
占めているそうです。

これは問題ですよね。

そんなことをやっていては、
いつまでたっても自己実現など
ほど遠い、それこそ夢物語です。

それじゃ、どうすればいいのか。

簡単にいうと「緊急事項」を減らして、
「重要事項」を行える時間を作ればよい
ということだと思うのですが、
要するに「緊急事項」の先を見越して、
予防や準備をすることで、
緊急に起こりうる事柄を未然に防ぐことが
できれば、「緊急事項」は自ずと減少する訳です。

例えば仕事で突発的なクレームが多く
対応しているだけで、あっという間に
時間が過ぎてしまうということが
あったとすると、事前に対応マニュアルを
作ってシュミレーションしておけば、
対応時間の短縮を図ることができますよね。

まあ、なかなかそんなに物事は上手くは
いかないかもしれませんが、
事前の準備や予防、問題の根源を
取り除くという行動が「緊急事項」を
減少させることは間違いないようです。

今こうして、私は、
自分の「重要事項」のひとつとして
ブログを書いている訳なんですが、
実はこれを書いているあいだにも、
小さな雑用がちょこちょこ入ってきて、
中断を余儀なくされてたりもしています。

それでも、最近はできるだけ
先を見越した予防と準備をする行動を取って
「緊急事項」を減少させる試みをやり始めています。

そして、そういった行動をしっかり
行うことは大変なことでもありますが、
物事を良い方向に向ける
ひとつの手段となると思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です