スゴい人たちのマネなんかすぐには出来ない件

スゴい人たちのマネなんかすぐには出来ない件イメージ

ネットビジネスにおける集客は
リスト(顧客の個人情報とりわけ
メールアドレス)が全てだと
よく言われていると思います。

ネットのレバレッジの重要な
1つに、世界中にアプローチが
出来るということがあると思いますが、
ネットに集まる膨大な数の人たちに、
いかに自分の存在を知らしめて
興味を抱かせるかが問題で、
そして最大の難関であるとも
言えるのではないでしょうか。

この業界で高額の収益をあげている
名の知れた人たちは、
何万、何十万といった数のリストを
保有している訳なのですが、
それだけの数を集めるために
求心力の高い発信をしているのは
もちろんのこと、ありとあらゆる
方法を使ってリストを集めているのは
間違いありません。

もちろん多額の投資をしていることは
言うまでもありませんね。

そして、資金が潤沢になればなるほど、
思い切ったやり方ができるので、
加速的にリストビルディング
できていくということです。

例えばそうやって1万リスト集めたとして、
その中の1/100である100人に
30万の商材を売ることができれば、
3000万の利益を得ることができるのですが、
これがいわゆる、強者の戦略
ということになると思います。

でも私たち一般人には
投資にまわせる多額の資金や
多数の人たちを惹き付ける
タレント並の求心力が
備わっているでしょうか?

私たち弱者は、どのような戦略を
取れば良いのでしょうか。

私は弱者が取るべき道は
「人間力」を磨くというところしか
ないのではと思っています。

「人間力」を磨くとは、
自分自身の魅力を磨き価値を高める
ということに他ならないと思いますが、
どんな人にも必ず何か1つくらい
人よりちょっと得意なことや
自慢出来ることはあるのでは
ないかと思います。

仕事や趣味、習い事など、
人は何かにこだわりを持って
生きているものです。

自分ではそんなに大したことでは
ないと思っていることでも、
その分野に興味がある人や情報を得たいと
思っている人は必ずいます。

そういった人たちに向けて情報発信し、
コミュニケーションを取り、少数でも
信頼度の高い関係を築くことができれば、
必ず成果をあげることができるはずです。

極端な話、ひとりひとりの
ひととなりが思い浮かぶくらいの
濃いリストを持つことができれば
成約率は格段にあがります。

信頼関係が出来上がっている
濃いリストを500リスト持っていて、
もし、1/10の100人に30万の商材を
売ることができれば、先ほどお話しした
1万リストの場合と同じ利益を得ることが
出来るということです。

まあ、実際にはそんな簡単な
話ではないとは思いますが、
膨大なリストを集める強者のやり方より、
実現出来そうな気がしませんか?

ネットのレバレッジはそんなに
かかりませんが、私たち弱者は
逆にそのほうが良いのです。

それよりも、
少数の人たちとしっかり向き合い
確実に信頼関係を築くほうが
よほど成果が上がるのではと思います。

ネットの仕組みを最大限に使った
自動収益化を考えるのは
その後でよいのではないでしょうか。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です