あなたの幸せのカタチに何が必要なのか

HJ139_72A

あなたはどんな夢を抱いていますか?
何のためにお金を稼ごうとしていますか?

・年収1000万円を突破したい。
・フェラーリを購入したい。
・マイホームを建てたい。
・世界一周旅行をしてみたい。
・TOEICで900点を取りたい。
・彼女にダイヤの指輪をプレゼントしたい。

などなど、色々ありますよね。
でも、そういった夢を抱いている
あなたに質問があります。

「あなたはその夢を実現出来たら
本当に幸せになれますか?」

あなたは「もちろん幸せになれる」と
答えるかもしれません。

しかし実は、その夢では
幸せになれない可能性が
高い確立ではらんでいます。

例えば、年収を1000万円にするために
あなたは、寝る間も惜しんで
働き続けたとします。
そしてついに、年収1000万を達成しましたが、
気が付くと、自分の大切な家族との時間までも、
犠牲にして働いたため、家族との間に
埋めようの無い亀裂が生じ、離散してしまった。
家族を幸せにするために一生懸命頑張った
年収1000万だったにも関わらずです。

こんなことは、世の中では
よくある話ですよね。

この場合は年収1000万を実現したのに
結局は幸せになれなかったのですが、
なぜ幸せになれなかったのでしょうか?

それは「目標設定」したからです。
「“目標設定する”からあなたの夢は“叶わない”」
こんな言葉を聞いたことがあるでしょうか?

でも、何かを達成するためには「目標」を
掲げることが大切なのでは?と
あなたは思ったかもしれません。

違うんです。
「目標」だけを設定してはいけないのです。
本当に掲げなければならないのは「目的」なんです。

「目標」と「目的」ぱっと見同じような
意味の単語だと捉えがちですが、
実は違うということです。

「目標」とは、
お金、車、家、地位、役職、資格、時間、など
数値化された、具体的であり計測できるもので、
「目的」とは、
その具体的で数値化された「目標」の先にあるもの、
つまり「目標」を達成することで、
最終的に何を得たいのか、そのマインドに
焦点が当たっているということです。

「目標」は「目的」を実現するための
道しるべみたいなもので、「目標」自体の達成は
手段にしか過ぎないということです。

前述の年収1000万の場合で言うと、
「大切な家族を幸せにしたい」という
「目的」を常に明確なビジョンとして掲げ、
目の前の「目標」に呑まれないようにすることが
大切だったということなのです。

家族との大切な時間を犠牲にしてまで、
年収1000万を達成する意味がなかった・・・

その辺を、勘違いして、「目的」が曖昧なままで、
お金を稼ぐことに集中してしまっている人が
沢山いらっしゃるのではないでしょうか。
それでは、明るい未来は
やって来ないかもしれません。

お金は手段であって目的とはなり得ない、
その人にとっての幸せの形が
お金を必要としていないのであれば、
がむしゃらに稼ぐ必要はないのです。

私も含め、自己実現を目指している人は、
今一度、人生の「目的」が何であるのかを
考え直してみる必要があるのかもしれません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です